1. トップページ
  2. コンサルティング
  3. 構造物の耐震対策

地震に耐える建築・土木構造物の実現

東日本大震災では、津波による被害の他、地震の揺れによる被害も多く発生しました。
地震に“強い”構造物実現のために私たちの技術がきっとお役に立てると信じています。

既存不適格建築物の耐震化

昭和56年に改正された建築基準法(新耐震設計法)以前の旧耐震基準により設計された建物は「阪神・淡路大震災」、「東日本大震災」において大きな被害を受けました。
私たちは耐震診断はもちろん、各種工法による補強設計も行っています。

  • 耐震壁の増設による補強
  • 外付け鉄鋼ブレースによる補強
  • 制振装置(オイルダンパー)による補強
  • 補強間柱による補強

制振装置(オイルダンパー)による補強例:耐震補強前(会津田島合同庁舎)

制振装置(オイルダンパー)による補強例
:耐震補強前(会津田島合同庁舎)

制振装置(オイルダンパー)による補強例:耐震補強後(会津田島合同庁舎)

制振装置(オイルダンパー)による補強例
:耐震補強後(会津田島合同庁舎)

防災拠点施設の耐震性能向上

震災時には防災拠点となる施設にはより高度な耐震性能が求められます。このような建物は、例えば免震構造とすることで、その耐震性を飛躍的に向上させることができます。
私たちは新築の免震建物を多数設計してきました。これらの経験で培った技術を既存建物の免震化(免震レトロフィット)でも活用しています。

高知県庁本館 免震レトロフィット

高知県庁本館 免震レトロフィット

施設構造物の耐震化

土木構造物の耐震性、あるいは地盤と構造物の動的問題をFEM、DEM、粒子法などを駆使して解決いたします。東日本大震災で大きな被害を受けた堤防、水門等の河川構造物、防波堤等の港湾構造物、上下水道施設等の耐震性の評価に役立てると考えます。

池状構造物の解析例(水道施設)

池状構造物の解析例(水道施設)

長周期地震動対策(T-RESPO構法)

東日本大震災で発生した長周期成分の地震動により、超高層建物は大きく揺れる結果となりました。 こうした長周期地震動の揺れを抑えるにはオイルダンパーで地震エネルギーを吸収する「T-RESPO構法」が有効であると考えます。

周期10秒の揺れの分布予測(地震調査研究推進本部 地震調査委員会)

周期10秒の揺れの分布予測
(地震調査研究推進本部 地震調査委員会)

間柱タイプ

間柱タイプ

間柱タイプ

ブレースタイプ

制振ダンパー

大地震後も機能保持が要求される施設においては、事前に耐震性能の評価および耐震補強を施しておくことが、危機管理の上で大変重要となります。
弊社では、超高層建物・免震建物の振動解析経験と建築構造解析プログラム『RESP』の開発経験をベースに、柱・梁といった各部材レベルでの性能評価・検討を実施し、 施工性・使用性・経済性・信頼性の高い補強をご提案しています。

制振ダンパーによる補強前後の比較

制振ダンパーによる補強前後の比較

YouTubeで視聴する

3次元免震

「知粋館」は世界で初めて三次元免震を実用化した先進的集合住宅です。国土交通省の「超長期住宅先導的モデル事業」として採択された「阿佐ヶ谷プロジェクト」のもとに竣工しました。三次元免震装置のモニタリング、住宅履歴管理システム『SMILE』を駆使した情報管理と環境測定・エネルギーモニタリングシステムの実証フィールドとして活用を始めています。

世界初の三次元免震建物「知粋館」

世界初の三次元免震建物「知粋館」

YouTubeで視聴する

屋内安全性評価

東日本大震災では、建物を壊すほどの揺れでなくとも、屋内の家具・什器、あるいは、多数の商品等が転倒したり、落下したりすることで、甚大な人的・物的被害が発生することが改めて認識されました。 私たちは、オフィス・住宅・工場等の屋内に設置されている物の地震時の挙動をシミュレーションし、地震時の屋内の様子や物の転倒や移動量を評価することで、防災対策やBCPを考える上での材料となる知見を提供します。

超高層建物上階のオフィスにおける地震時の家具の挙動評価(東京工業大学翠川研究室との共同研究)

超高層建物上階のオフィスにおける地震時の家具の挙動評価
(東京工業大学翠川研究室との共同研究)

収納棚の転倒解析

収納棚の転倒解析

YouTubeで視聴する

液状化対策

護岸および河川堤防などは、防災上重要な土木構造物です。これらは大地震時に背後の地盤の変形や液状化により、地盤が大きく変状することが予想され、防災対策として現状の変形、沈下を把握すること、および対策工事による効果を検討することが重要です。

液状化現象による被害例